トップ

オフィスでストレッチ

オフィスでの座り方

オフィスでの腰のストレッチ

オフィスでデスクワークをしていると腰が痛くなるケースが多いですが、簡単なストレッチをすることで予防することが可能です。ストレス解消や気分転換にもなりますので、積極的に実施することを推奨する雰囲気を作ることが重要です。オフィス全体で実施時間を設定し、ラジオ体操のような感覚で実施するのもよいでしょう。ストレッチは実施の方法を学ぶと効果に差が出てきますので、研修などの一環でスポーツインストラクターに指導してもらうこともひとつの手でしょう。軽運動は健康増進にも大きな効果を発揮し、社員の健康維持にも役立ちます。

ストレッチ

腰に鈍痛が来たらストレッチ。

オフィスの仕事ですと同じ姿勢で作業しますし、エアコンの効きすぎで血行障害で腰痛になります。こういう時にストレッチは有効です。椅子に座ったまま背中をぐーっと伸ばします。でも、ずっと座りっぱなしも良くありません。休み時間には積極的に席を離れ立ったまま腰に手を当てて身体全体を伸ばすストレッチも併用してください。エコノミー症候群は、機構機に乗っている時だけではありません、オフィスでも起こります。2時間ぐらい仕事をしたら気分転換にもなりますし、積極的に席を立ちエコノミー症候群を防ぎましょう。休憩を挟み仕事をしたほうが捗ります。

↑PAGE TOP